病院概要地図・交通案内求人案内個人情報保護敷地内禁煙
森田病院トップページへ
森田病院トップページへ

検査案内(主要な検査機器)

内視鏡検査

上部消化管(胃ファイバー)と下部消化管(大腸ファイバー)の検査を行います。
胃や大腸などのポリープの切除や早期ガンの発見が可能です。
検査は予約制で実施しておりますが、可能な範囲で緊急検査も行います。


当院における症例数は、

令和2年度 918件  胃 551件
大腸 367件
令和元年度 1,110件  胃 657件
大腸 453件

その他、気管支鏡検査も実施しています。


MRI(当院のMRIは0.3テスラのオープンタイプです)

緊急の撮影以外は原則予約制になります。
注)腹囲105cm以内の方のみ対応可能です。


CT(コンピューター断層撮影装置)

X線とコンピューターを用いて人体の横断面を画像化する診断装置です。造影剤を使用した撮影以外は予約の必要がありません。撮影前の食事制限や撮影中の痛みはありません。


X線テレビ装置

バリウムの検査や脱臼、骨折の整復などに使います。胃のレントゲン検査は空腹時にバリウムを飲用しますので事前に予約が必要です。


骨密度測定装置

腕を10秒程置くだけで、全身の骨の状態を把握する骨そしょう症の予防や治療には欠かせない診断装置です。
予約は必要ありません。


その他X線検査機器

  • 一般単純撮影装置
    胸部レントゲンにより肺の状態を把握したり、手・足の撮影により骨折を発見します。


  • ポータブルX線撮影装置
    X線撮影室に移動出来ない病室の患者様に使用します。


  • 外科用X線テレビ装置(外科用イメージ)
    整形外科の手術中などに使用します。



超音波画像診断装置(エコー)

超音波検査は探触子を皮膚にあてがう検査です。
腹部臓器と心臓のエコー及び甲状腺検査を実施しております。