病院概要地図・交通案内求人案内個人情報保護敷地内禁煙
森田病院トップページへ
森田病院トップページへ

リハビリ部門

一般病棟・療養病棟には理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)のリハビリテーションスタッフがいます。

理学療法士(PT)・言語聴覚士(ST)は、入院中だけでなく、必要に応じて外来での訓練も行うことも可能です。


理学療法士(PT)

PTの訓練は、内科疾患などで入院されている患者様が、活動量の低下で寝たきりにならないように予防的に筋力訓練や歩行訓練を行う場合や、すでに寝たきりになっている長期入院患者様の関節が固くならないように、ベッド上で手足の関節を動かしたり、その他にも脳梗塞後の訓練、骨折後の訓練、整形・外科手術後の訓練なども行っています。


言語聴覚士(ST)

STは、コミュニケーションや飲みこみの機能に対して訓練を行います。たとえば「うまく発音できない」という発話の障害や“失語症”といわれる病気に対して、コミュニケーション能力を向上させるために訓練を行います
またご本人だけでなくコミュニケーションの相手となるご家族からの相談もお受けいたします。そして「最近食事でムセが多くなった」「飲み込みが難しくなった」という飲みこみの障害や前兆についても訓練や相談をさせていただいています。


リハビリテーション

理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)のリハビリテーションスタッフが、入院中だけでなく、必要に応じて外来での訓練も行うことが可能です。

当院では、下記のリハビリテーション医療を行っています。

  • 機能回復リハビリテーション
    運動障害・言語障害・摂食および嚥下障害・排泄障害・認知機能・障害の回復
  • 代償的リハビリテーション
    残存機能の活用、義肢・装具・車椅子等活用、家屋改修等の環境調整
  • 予防的リハビリテーション
    急性期〜回復期〜維持期に至るすべての時期における廃用症候群の予防
  • 機能維持リハビリテーション
    慢性期における生活機能の維持向上